[Most contents are written in Japanese Language] [Always under construction]
[インド暗号 Top]

Cryptogram in Classical India // 古典インドにおける暗号


 

はじめに

諸般のいきがかり上、 「古典インドにおける暗号」について調べることに なってしまいましたんで、秘かにこんなページを作ってみました。 ただ、今後の展開があるかについては不明。

[これまでの、あらすじ]
『カーマスートラ』(KS)(4世紀?)は換字暗号を 紹介してるという 暗号業界のトリビアみたいになってるネタは根拠にとぼしい。 それを言い張る人には是非論拠を示してほしい。 というか、論拠を教えてほしい(純粋に、知りたい)。
たしかに13世紀?の文献『ジャヤマンガラー』(Jm)は「KS の mlecchitavikalpaa は換字暗号」と紹介している(そして Kahn などはその記述を信頼している。 KS と Jm の間には約1000年の隔たりがあるかもしれないのに!) が、Jm の記述は非常に簡単なもので、 また他のテキストに類似の記述が見つからないため、 Jm の記述の裏付けが取れない。また mlecchita という単語の 用例を調べても、それが換字と結び付く気がしてこない。 というわけで、現在暗礁乗上中。

If you are interested in this page, please check: [ Who knows what a Crypto Anarchist is? ]
当ページの親玉はここ → [ Who knows what a Crypto Anarchist is? ]



[次] 謝辞

[Since 2000] [Last Updated: 2012]
TA
もくじ