[広告]
[準備中]

rkgo

文章が気に入らないときは Reload してください。
脂がたっぷりのったサンマのくせに何となく根掘り葉掘り聞くのでおかしな具合になるのですが目立とうとするとさいがぁ、八っつぁんに指をいれてかき回すんではないでしょう。三度の飯より好きなので太鼓持ちがまだ眠れないのですぐに泣くなんて意外だね。町人が酒を飲みながら特に初々しいのです。五月人形は埋めてしまいたい必要はありません。どこでも借金取りの妾が暴れるんでしょうか。

つくづくお奉行様がかわいいわけだからおもになるべくのたうちまわるのでバカみたいっすね。ご隠居の懐に手打ちにするかもしれませんがご隠居の人魂は道具屋を勘当するに決まってます。ますます感心して和尚の太鼓は番頭を手に入れるに決まってるのでなめてみたりするそいつはてぇへんだってんで付き馬を切り刻むってゆーことなんでしょうね、きっと。そばが実に女房を押し倒すので何とも諸行無常ですがつまり一銭も持ってなかったので大蛇も謹んで若旦那に水をかけて反省させるので用心したほうがいいでしょう。一気に熊さんの恐ろしさはおののくという風に説明できるとしても八っつぁんのおろかさは心中するしつまり貧乏なので釘を打ちつけるので危険です。

死神も座りこむみのろいし遊び人をもだえさせるなんて気がつくまい。しみじみ芸者の妄想は男におふだを貼るとはゆーものの左甚五郎の女房は我慢できなくなるよーですがまだブラブラしている死んだふりをするみたいっすね。若旦那の悩める魂が大々的に身投げするとゆうのも納得いかないですが怪しいのでおかしな具合になるのですが大旦那の部屋に入ったまではよかったが女郎をもろ出しするなんて何か恨みでもあるんでしょうか。大家の長屋にたいそう気の弱い男にはならないってなことになりまして与太郎をなんとかごまかすので説得力に欠けます。両親は美しいしくまんじゅうに関心を寄せるんだからたまに大店・伊勢屋はそば屋を確保するとは納得のいく結果だよね。

エンマ大王はミイラになるとゆー噂ですがつまり目立とうとするってゆ〜からコワイっすね。おいらんの息子は死んでいるとはバチあたりですが与太郎のふんどしが熊さんをやめるんだもんね。壮絶なまでに親分が恐ろしいってなわけで、どーもスイマセン。女将さんが大勢やって来るのにもう上へ下への大騒ぎで与太郎を食べるなんて言われても困ります。とにかく江戸っ子の幽霊は埋葬されるくせに遊女の決意はかまぼこを穴に埋めるのだ。


[Go: Nanbas Top | Nanba | MediaMix ].
TA