[Most contents are written in Japanese Language] [Always under construction]

[ ぐる Top || 現代篇 ]

Who knows what a GURU is? (現代篇)

Recent Usages // 身のまわりにいる「ぐる」たち。

[Since 1999/10]


[前] オウム真理教(2) 神秘体験

通信文化の尊師

「通信用語の基礎知識」(用語編) を見てみました。「グル」の項目は見当たらなかったんですけど、 対応しているとおぼしき「尊師」という項目を発見!! (半角カナは全角化してあります) (参照したのは 1998v2 版)

        [そんし] (venerableness) 〔名詞〕
        ・尊kする心の師匠, の略.
        ・そんkする人のハンドル末尾に付けて, (ソン)敬意を表するのに用いる.
        ・また, 尊師の前に該当するオブジェクトを付加して用いることもある.
        【用例】>CG描きました. みてね.
                おおグレイツ!さすが○○尊師!!(笑)
        【用例】>砂沙美もえ〜
                さすがはプニ尊師. 言うことが違います(ォ
「心の師匠」というのはまた.. (笑)
師弟関係があるのか、ないのか、よーわからんですね。 似たような表現に「心の恋人」とか「きみは心の妻だから」というのが あるけど、あれは本当は恋人(妻)にしたいんだけど、いろいろな事情があって そういう訳にはいかないので.. というときの表現だよね。ということは、 「心の師匠」もきっと師弟関係を結びたいんだけど、いろいろ事情があって 無理なので . . という気がするんだけど、よく考えてみるとヘンだよね。 何なんだその「いろいろな事情」って (^_^;

で。この用例を見てみると、 相手は「尊敬する人」じゃなくて「尊kする人」だから、 実は相手を尊敬してる訳でも何でもないし、 実際には弟子入りなんてマッピラ御免、という感じがしてくるね。というか 「心の師匠」という尊称をとりあえず与えておくことによって、 相手を穏便に遠ざけている(これをどう表現したらいいのか よくわからないので 「彼岸に送ってる」ととりあえず呼んでおこう) ような印象を与えないこともないよね (^o^;;

ちなみに。同じ「通信用語の基礎知識」の「波動編」によると、 「そんK」はこんな意味だそうである。

        [ソンケイ] (respect) 〔さ変名詞〕
        ・あまりの強力な波動に, もはや付いて行けなくなった時に吐き捨てる最後
          の言葉. そんkは, 尊敬とは違う. Kは, 軽蔑の "軽" の意であるから,
          誉め言葉ではない.
        ・凄すぎて俺には真似できねーという場合に用いる最終語.
        【用例】>こないだジュースを買ったら違うのが出てきて, ムカついたから,
                >その自販機に蹴りくれてやったらもう1本出てきたのでグ〜
                そんk〜〜
        【用例】>>なんか今日6歳の娘の下着姿を見たら萌えてしまった(ぉ
                >下着姿で萌えたってことは裸を見るともう・・・
                理性を保てなくなるでしょう(ォ
                そんk
        《注意》本音では尊敬していない場合にのみ用いる. 本当に尊敬している場
                合は素直に漢字で尊敬と書くこと.
                不用意に "ソンK" などと書くと勘違いされる.
        ★ウラヤマC
        ★うれC
ぎゃははは (^o^) やっぱりそうか!

で、ぜんぜん関係ないんだけど「あなたはリアルハッカーだ!!」という言葉も、 一部の人たちを除いては、尊称の名を借りた「彼岸送り」の言葉のような気が してきたりして :)

[Since 1999/01 ]

[次] その他の「グル」系