[Top]

AIBA, Toru

相場 徹

Hello, world! I live in 宮城県仙台市, JAPAN.

(こんにちは)
Most pages are written in Japanese language.


If you want to mail me, please send it to this address: t2010-at-ayiva.sakura.ne.jp. (Substitute "@" for "-at-".) Mails written in Japanese language are welcome:) Although I sometimes refer the texts written in various languages, including Classical Sanskrit and Tibetan, I can not reply the mails written in those classical languages. Sorry in advance.

 メールはt2010-at-ayiva.sakura.ne.jp ("-at-"を"@"に変換してね)まで、お気軽にどうぞ。 できればメールは日本語でください。返事はすぐ‥出せないと思いますが、 ご了承ください。spamが非常に多いので、私へのメールの 返事がない場合、spamに紛れてメールが読まれてない可能性があります。 そのときは、ごめんなさい。数日おいてから御再送ください。

Ayivaとは何か

"Ayiva" is the substitution of my family name, "aiba".

 フリーのサービスのアカウントなど、"aiba" で取ろうとしても だいたいの場合、先に取られてしまっていて取れないことが多いです。 でも、だからといって "aiba7" とかいうアカウントは 「なんでオレが 7 なんだよ!」なんて思ってムカつくじゃないですか。 そこで "aiba" の代わりとして "ayiva" を考案し使っています。なので "ayiva" は 「アイィヴァ」と発音してください (^_^)

 私といふ人物についての客観的分析を示したのが[こちら]

 そもそもアイバとは何か、に興味がおありの方は[こちら]へ どうぞ。

当サイトへのリンクについて

当サイトにリンクを張りたい という奇特な方がおられた場合、ご自由に、 お好きなところにリンクを張っていただいて結構、というのが基本姿勢です。 ただ、画像ファイルだけへの直接リンクは できれば避けてほしいなー、とは思います。

 リンクを張った旨の ご連絡をいただければ嬉しいですが、かといって、 ご連絡をいただかなかったからといって気分を害することはありません。 (逆に「これ、明らかにウチのページを情報源にしてるじゃん。それなのにウチの サイトについての言及が全くないぞ」なんて状況を見かけたりしますと、正直 それはちょっとどうよ、とは思いますが‥。まあ、ムカつくほどではないですけど。)

 ただ、突然URLが変更になる可能性がありますので、その旨はご了承ください。

アクセス解析について

本サイトでは、ほとんど全部のページでアクセス解析の仕組を導入しています。 このことに不快を感じられる方もおられるかもしれませんが、あしからずご諒承ください。 ‥といってもアクセス解析でわかることといえば、なんか季節商品的なページが多いみたいで 盆と正月の時期にアクセスが多めだけど逆に言えば普段は閑古鳥が鳴いてるよな、とか、 ウチのサイトに来た人の直帰率が高すぎだなあ、とかその程度です(-_-)

 でもその程度だったらアクセス解析入れなくても‥、と思うかもしれませんけど。 「俺のサイト、じつは誰にも読まれてないかもしれない。存在してるけど、 事実上 存在してないのかもしれない」という不安がね、どうしても ありますからね。 誰かがアクセスした形跡があると「僕はここにいていいんだ!(^o^)」と 思えることもあるじゃないですか。そのへんご理解いただけますと幸いです。

広告について

非常にどうでもよいことですけど。 私が作成しているページの一部に広告をつけてあります。 それぞれの広告枠にどの広告を付けるかにつきましては、 Google社、サムライファクトリー社などにお任せにしている場合が多いです。 その場合、ページを表示するたび、ページを閲覧する人ごとに、システムがそれぞれ 最適と判断した広告が自動的に選択され表示されるような仕組となっております。それゆえ 私個人の意見や主義主張信条は 広告主さまの主義主張信条と一致しない場合がある 点にご注意いただけますと幸いです。 (あなたが見た 私のページに どのような広告が付くのか、私には見当がつかないですし、 個人的にはそれも面白いと思っていますので‥。) なぜこのようなことを申し上げるかといいますと。 宗教的な話題が出てくるページにつく広告の中に、ときどき、 いわゆる「新興宗教団体」と呼ばれ得るような団体様の広告があるからです。 私自身、そのような「新興宗教団体」と呼ばれ得る団体の方々とは良くも悪くも 関係を持ちませんので、その旨を念のため申し上げておきます (敢えて言うなら。我が家は代々、たぶん17世紀頃から 曹洞宗のお寺の末端な檀家ですから、 そういう点では曹洞宗と関係がない訳ではない、 かといって決して関係者というほどではない、と)。

Enjoy,

あいば


[近況]
TA