[Most contents are written in Japanese Language] [Always under construction]

[ ぐる Top || 現代篇 ]

Who knows what a GURU is? (現代篇)

Recent Usages // 身のまわりにいる「ぐる」たち。

[Since 1999/10]


[前] アニメ「ミクロ決死隊」(1968)

特撮『愛の戦士レインボーマン』(1972)

アニメFantastic VoyagerのGuru氏の紹介を書いてるとき、ふと気づいたんです。 明示的に「グル」とは言われていないものの、どう考えても「グル」的な 存在として位置づけられている人が、昔のテレビ番組に出てたなー、って。 それも、私がとても大好きなテレビ番組の中に。そのグルの名はダイバダッタ。 といっても、あの仏教経典などで有名なダイバダッタ(提婆達多)とは 同名ながら別人ですし、いかなる関係(たとえば、その末裔だとか‥)も 明示されませんし、そういうのを ほのめかす「何か」もありません。 そのへんは注意してください(何に?)。 そして。その番組の名は『レインボーマン』あるいは 『愛の戦士レインボーマン』(1972--1973)。

 この番組においては、主人公ヤマトタケシが師ダイバダッタのもとで 修行を重ねた末、番組第二回の最後になってようやく レインボーマンの境地に達するという、 スケールの大きなヒーロー誕生物語を語っています。 そこでダイバダッタはどのように描かれていたか。 それを探るため、まずは番組の第一回、第二回をチェックしてみましょう。


[Table of Contents]

レインボーマン、あらすじ

[Table of Contents]

01「奇蹟の聖者」

インドとパキスタンの戦争。この戦争に巻き込まれる、一人の少年。 彼の名はヤマトタケシ。「下町の黒豹」という異名を持つ少年。 彼は、ヒマラヤの奥地にいるというヨガの仙人、ダイバダッタを 訪ねてきたのでした。道中、インド軍の男に職務質問?を受けてるとき、 少年が持参したダイバダッタの写真を見た軍人は、 写真に向かって祈りはじめます。そんなにスゴい人なのか! と タケシや我々の期待は膨らむ訳です。

 ところで。なぜタケシはダイバダッタを目指すのでしょうか。 タケシはヌルすぎる高校のアマレス界から飛び出し、 プロのレスラー、つまりプロレスラーになろうと考えていたのですけど。 そんなタケシに先輩が言うのです。

「とにかくプロで生きるには、技だけではなく、たとえ相手に刃物を持たれたとしても かすり傷ひとつ負わないぐらいの特殊な訓練と、肉体を持たなければダメだ」
「そんな人間離れした技なんて‥」
「インドにダイバダッタという老人がいる」
「インドに?」
「(ダイバダッタの写真入りの雑誌記事を見せて)‥一種の、超 能力者だ。 この老人は、世界でただ一人、奇蹟を行う力を持っている人だ」
「ダイバダッタ‥」
‥先輩、ちょっと、いや、かなり怪しいこと言ってますけど。
「七色の光の中から現れ、 七つの違った超 能力者に化身するという。これまで、 世界各国の武道家やスポーツマンが弟子入りに押し掛けたが、 誰一人として彼の術を教わった者はいない」
「‥よし! 俺がもらった!! インドへ行って、ダイバ老人の 弟子になってやる!!!」 (回想おわり)

 さて話をインドに戻して。 戦火の中、ダイバダッタの元に向かうタケシですけど。 たまたま出会った母娘の、娘のケガの手当てをしていたところ、 居合わせた兵士たちにゲリラと勘違いされ、射殺されてしまいます。 あああ‥。

 やがて。 タケシの遺体の傍に立つ、ひとりの老人がいました。

「ううむ、やはり日本人か。近き日に、東方の国日本から、 若い男が私を訪ねてくるというお告げがあったが‥。 あるいは、この男かもしれぬ。ワシが150年の間待ち続けていた、 運命の男かもしれぬ。‥おんたたぎゃとう‥(略)(呪文)」
と、左手をタケシの傷口にあて、呪文を唱えます。 そして「おおおいやぁ!」という掛け声とともに。なんと! タケシの体内にあった弾丸が、老人の手の中に!
「この男がワシに遣わされた者なら、必ず生き返る!」
さらに熱く呪文を唱えると、なんと! タケシの傷が治ってしまいました。
「目覚めるのだ、ヤマトタケシーーーーーッ!!」
目覚めるタケシ。「ついてきなさい」‥お。 すでに弟子として認められてる?‥と思ったら。 いきなり空中浮遊して飛んでく老人。 ワシの弟子になりたかったら、自分の力で崖の上まで 登ってこいと言い渡します。 がんばって崖を登ろうとするタケシを、老人も励まします。
「頑張るのじゃ。ワシの命はもう先がない。 ワシにはお前が必要なのじゃあっ!」
頑張るタケシ。しかし、足をすべらせ崖の下に真っ逆さまに! 「うあああああ!」

 ‥ここで「レインボーマン」の第一回は終わりです。続く。

[Table of Contents]

02「レインボーマン誕生」

無論、タケシはもう死んだりしませんよ。崖上に立つダイバ師が 投げた枝が崖の途中に刺さって、タケシはその木の枝につかまることで、 なんとか助かるのでした。‥え? 崖の上から枝を投げて、それを崖の途中に つき刺すって、可能??? ‥いや、ダイバ師だから。超自然的な力、使えますから。 そしてついに。ダイバ師のアジト(?)にたどり着くタケシ。やったね。 しかし当然フラフラです。

 疲労困憊なタケシに、ダイバ師は「元気が出る」という、 謎の飲物を飲ませます。ソーマのイメージなんでしょうか。 一口飲んだ途端、グビグビと飲み干すタケシ。‥しかしそのくせ、 途中でその液体を吐き出します。

「これ、勿体ないことを、するな」
「でも、苦いや!」
「タケシ、良いか。まず、おまえ自身の肉体を、体質改善しない限り、 どのような修行もムダなのじゃ。ましてや、ワシの持つ秘術を受け継ぐなど、 百年かかっても不可能なのじゃ」
‥観念して、そのナゾの苦い液体をイッキ飲みするタケシ。 ‥なんか某オウム真理教とかで、 そのままのことやってたとしても、おかしくなくね? (苦笑) ただ違うのは、どうやらダイバ師が提供する謎薬は無料らしい点ですかね。 安全な飲み物か? ‥極端な体質改善を行なうものであることが明言されています。 我々が思い描く「常識」からすれば、そんな飲み物が安全なわけありませんね。毒でしょう。

 その後のタケシの修行。逆立ちしたり、岩の上をカニ走りしたり‥。 なんかインド的というより、映画とかで見る少林寺的な感じでしょうか。 というより、スポ根マンガとかでよくある「特訓」ですねこれ。 まあ本当にインド系仏教系らしく読経とか禅定だけの修行をされても、 テレビ的には全く盛り上がらないですからね。 子ども番組の限界というやつでしょうか。

 そんな中、徐々にダイバダッタ師が持つ秘術の一部が明らかになってきます。 まずは「遠当ての術」。呪文ののち「どわぁ」と叫んで両腕を振ると、 岩石が粉々。そして次が「火炎の術」。これも呪文ののち、指先から炎が。 おお! ‥とか思ってたら、ダイバ師の指令。 火炎の術の結果できた「炎の道」を渡れ、と。‥んー。 たしかこれと同じことをどっかのバラエティ番組で本当にやって、 なんか死人が出たとかいうニュースなかったっけか。 やっぱ普通の人はやっちゃダメですよね。ダイバダッタ師のような聖者じゃないと。 我らがタケシはどうかと言うと。やはり、全身炎に包まれてしまうのですけど。 ダイバ師は落ち着いたもので、両手の指先から、今度は火炎じゃなくて 水を噴出させて、タケシを救出してます。しかしタケシも挫けません。 炎の道渡りを繰り返してます。 火渡りの次の特訓は、滝の上からの飛び降り。 そして滝壺の中にある白い石を拾ってくること‥‥て、白い石、デカッ!! (笑)

 くじけそうになるタケシに、ダイバダッタ師が語りかけます。

「水の中では魚に、空にあっては鳥に、土の中では木の根に化身することこそ、 ヨガの術の極意」
「極意? いったい、それを会得するのに何年かかるんだい?!」
「おまえがここに来た目的は、プロレスラーになるため。しかし。本当の目的は、 妹の足を治すことだったはず。それがいつのまにか、己がレスラーになろうとばかり 考えて、私利私欲の虜になっておる」‥(略)‥ 「おまえは、人間の真心というものを見失っておる」
‥来た来た来た。ここまでの展開だと 「これじゃ単なるスポ根マンガの特訓じゃん、これのどこが聖者だよ、 単なる超 能力者じゃん」‥と思ってしまいそうになりますけど。 この作品は、たぶんここからが違うところです。 ダイバダッタ師は、タケシを戦場に連れていきます。 そしてタケシの目の前で、銃弾に倒れた兵士たちを、 次々と生き返らせるのでした。奇蹟だ! しかし悲しいかな、 生き返った兵士たちは再び殺し合いを始めようとします。 ダイバダッタ師は彼らを一喝します。
「ワシにとって、インド軍も、パキスタン軍も、ない。同じ、人間。 だからこそ、仏の教えに従って命を救ったのだ。 おのが命を尊いと思えば、他人の命も尊い。ここには、敵も味方もないはずだ。 愚かな殺しは、やめなさい。元の平和な暮らしに戻るのだ」
このダイバダッタの理想は、この後登場する 「死ね死ね団」(日本人は憎いので皆殺しにしてやる! と息巻く人たち)の 登場によってさらに際立つのですが、それはさておき。 このダイバダッタの理想って、たぶん原作の川内康範氏の理想そのままですよね。 晩年はワイドショー等で「偏屈な耳毛のじーさん」的扱いをされてましたが、 この人、じつに信念を持った熱い人ですよね。‥というのもさておき。 このダイバ師の説教を前に、銃を捨ててひれ伏する戦士たち。 かくてタケシの心の闇は落ち、心底ダイバダッタ師を尊敬するのです。 今風に言えば、マインドコントロール完成といったところか。 ただ「ダイバダッタ師の術があれば、妹みゆきの足を治せるじゃん!」という、 ちょっとした下心があるようにも見えますけど‥ (ただし。どうでもいいことですけど、妹みゆきの足は最後まで治らず、 最終回に手術のため飛行機に乗って渡米することになります)

 そして1年後。特訓の甲斐あり、 いつしかタケシは火炎の術、水噴射の術(というのか?)を身につけていました。 ダイバ師の言葉。

「これで、ひととおりの術は おまえに備わった。 あとは、おまえ一人で修行を積むのじゃ」‥(略)‥ 「残念ながら、ワシの寿命が尽きたのじゃ」‥(略)‥ 「明日の朝までの命だ」‥(略)‥ 「聞けーい! おまえは、夜明けとともにレインボーマンとなるのじゃ」‥(略)‥ 「レインボーマンとは、おのれの欲を捨て、世界の人々に、平和のために尽くす。 愛の戦士‥」
そしてレインボーマンについての解説が続きます。 解説が終わったところでダイバダッタ師はついに息絶え、 その魂はタケシの身体に乗り移ったみたいです。

 こうして修行を終えたヤマトタケシは、 レインボーマンとなって ひとっ飛びで日本に帰国します。第二回目終わり。


[Table of Contents]

分析

  • ダイバダッタ。 主人公ヤマトタケシの師ですね。そしてまたヤマトタケシ的には「ありえねえ」と 思うようなことをやるよう、次々と指示される。タケシは「ウソだろ?」と思いながらも、 師の命令だからというだけの理由で従う。毒まで飲まされてますし。でも、 後になると その師の意図がわかってくる ‥‥完全にグルですねこれ。 ヤマトタケシは「お師匠」と呼んでますし。 (このように「騙されたと思って、やってみる」というのは結構重要だと思うんですけど。 でも昨今は「騙されたと思ってやってみたら、本当に騙されてた」というのが多いですからね。 そのへん難しいところですけど。ヤマトタケシはそのへん幸せな出会いでしたね)
  • 超自然的な力を持っていますけど、これは、 「さとり」を開くための修行の途中で身に付くとされる「リッディ」(神通力)の一部だと考えれば、 十分アリですかね。リッディより先にある「さとり」の域まで到達してたかどうかは、 よくわかりませんけど。でも「奇蹟の聖者」を体現する存在として描かれてますから、 たぶん「さとり」に達していたんでしょう。
  • でもリッディを行使する際に、ダイバダッタ師が「遠当ての術」でしたように 「呪文ののち「どわぁ」と叫んで両腕を振ると、 岩石が粉々」‥という手順を取るのかどうかというのは謎です。 個人的には、呪文を唱えてる最中に その呪文のチカラによって岩石が粉砕される‥ となってると面白かったんですけど。「呪文ののち両腕を振って」だと、まるで 目に見えない「かめはめ派」ですよね。呪文のチカラというよりは、 呪文によって心統一をおこない「気」をためて撃つ! と。‥‥ん? そっちの方が「修行の成果」としても、特撮ヒーロー物としても、いいのか。 インド的でなくなってしまう感じはしますけど、まあ、 最終的に大事なのは「見てる人がグッとくること」ですから‥
  • 「若い男が私を訪ねてくるというお告げがあった」 「この男がワシに遣わされた者なら」などの台詞があったんですけど。 これはつまり、ダイバダッタ師よりも上位にいる何者かの存在を予感させますけど。 けどまあ、それは浄土真宗における親鸞上人と阿弥陀仏の関係的なイメージでOKですかね。
  • 先輩がタケシにダイバダッタを紹介するところ。何故、先輩はタケシに ダイバダッタの話をしようと思ったんでしょうかね。 「とにかくプロで生きるには、技だけではなく、たとえ相手に刃物を持たれたとしても かすり傷ひとつ負わないぐらいの特殊な訓練と、肉体を持たなければダメだ」 ‥とありますから、ここから考えると、どう考えてもダイバダッタの 超自然力が念頭にあったんだろうと思いますし、その後にある 「この老人は、世界でただ一人、奇蹟を行う力を持っている人だ」の「奇蹟」についても、 やっぱ、その文脈で考えると、超自然力が念頭にあるんでしょうね。 要するに「世界で唯一の、ホンモノの超 能力者だ」と。
  • あと、どうでもいいですけど。先輩がタケシにダイバダッタを紹介するシーン。 「一種の、超 能力者だ」と言うんですけど、その言い方が「ちょう、のうりょくしゃ」 ‥つまり、「ちょう」と「のうりょく」を区切って発声してるんですよね。 今だと「超能力」というのが一単語になっていて、だから、どこも区切らず「ちょーのーりょく」と 言うと思うんですけど。その頃はまだ「超能力」という単語は一般化してなかったと いうことなんでしょうか。‥‥ということが気になったので、 Wikipedia の「ユリ・ゲラー」の項目 [URL]見てみました。 これによると、日本での超能力ブームは1974年とあります。 レインボーマンの開始は1972年で、それより前! ‥なるほど。つまりユリゲラー以前は、子ども番組においても「常人が持たない 超 能力を身につけるには、常人を越える修行(訓練)が必要。 だって「超」なんだから。 「たまたま生まれついて持ってた」なんて、子どもだってシラけるよ」という 感じだったんでしょうか。 (でも。ということはつまり「超能力とは、(それをすでに持っている人が)覚醒するもの」という、 今となっては あまりに当然すぎる設定って、 ユリ・ゲラーがその出発点ということなの? とか考えると、ちょっと面白い) (いや、でもダメか。覚醒型の超能力系のお話ということで パッと思い浮かんだ幻魔大戦が1967年スタート‥。 でも打ち切りだからなー。「子どもだってシラける」の典型例の可能性もあるし)。 (さらに。「超能力は、生得的なものに覚醒するもの」となると、超能力者になる者に それまで必須だった特訓が不要になるため、そうなると「グル(鬼コーチ)的な人」が不要に なり、だからダイバダッタ師みたいな人がだんだん出現しなくなるのか。) (そっち系の有名人としてピーター・フォルコス(Peter Hurkos)という人もいますけど、 この人が日本で話題になったのはいつ頃かというのがよくわからない‥。 テレビ朝日が「水曜スペシャル」で1976/10/06に特集番組を放送してるみたいなので、その頃か? とも思いますが、 「チャージマン研!」(1974)の主人公ケンのモデルになったという話もあり、そうすると1974年より前には、日本でもそこそこ有名人ということか?)
  • え? ‥ということは、待てよ? ここで言われてる「超 能力」というのは、 ユリ・ゲラー以降、普通に言われるようになった「超能力」とはその意味内容が 微妙に違ってる可能性がありますね。これは別のページで紹介した、 アニメ Fantastic Voyage (1968)とかも‥いや、それはアメリカ産だから、それを 混ぜると訳わかんなくなるか。いずれにせよ、とりあえず、ユリ・ゲラーのブームの 前後で「超能力」という単語の意味内容が変わった可能性がある、と 指摘だけ しておきます。 (少なくとも、日本における超自然力を身につける方法のステレオタイプが 「苦労して身につけるもの」から「生まれつき身についてるもの」に変わった可能性は 高そうだな、とは思います。 超自然力のファストフード化というか何というか。 映画版の幻魔大戦(1983) とかですと完全に「覚醒」ですし、これが 「サルでも描けるまんが教室 (1989) [Wikipedia]の頃になると「イヤボーンの法則」として定式化されてますからね‥)
  • さらに調査を進めたところ、同じ「レインボーマン」の中にこんな台詞があるのを 見つけました。
    オルガ「レインボーマンの超能力をそなえた体質は他人には移し替えられないの?」
    ロリータ「残念ながら、そのようね」      (第37話「Xゾーン破壊命令!!」)
    ここでオルガが言ってる「超能力」ですけど、普通に「ちょーのーりょく」と言ってます。‥‥ んー、ちょっと残念かな。ただ「超能力をそなえた体質」という言い方は面白いですね。 つまり、ここでの「超能力」というのは精神的なものではなく、あくまで物質的物理的な イメージなんですかね。
  • ヤマトタケシは最初、超 能力を身につけ、 超 能力を使って 最強のプロレスラー、「世界最強」を目指してます。 卑怯じゃね? ‥と、ちょっと思いますけど。でも考えてみると。 いわゆる「突発的に覚醒した超能力」の行使であれば、その能力をもたない者が 圧倒的に多い状況の中では「卑怯」に該当するかもしれません。しかし今回のように 先天的な潜在力ゆえの超能力ではなく、まさに死ぬ思いをしてまでの猛特訓の結果、 ようやく超 能力にたどり着いた! という場合「タケシは卑怯だ」と思った人たちにも、 じゃあ お前らもあの特訓すればいいじゃん、あれに耐えきれるならさー、という 反論も可能ですから、それなら卑怯とはならないのか‥な?
  • 第二話の後半で「おのが命を尊いと思えば、他人の命も尊い」‥ 子ども向けの特撮番組で、これをこのまま堂々と語ってサマになるキャラって、 滅多にいないと思うんですけど(とくに 特撮ヒーローの基本は、「悪は、殺せ(退治しろ)」ですからね)。 そういう点でこの「聖者」の設定は活きてますね。 無論、ダイバダッタ役の井上昭文さんの熱演も素晴らしいのは間違いないですけど。
  • レインボーマンは私が愛してやまない作品ですので、ストーリー等について 語ってしまうと収集がつかなくなるので語りませんけど、語りません。
[次] TAE-BOとグルと腹筋と