[Most contents are written in Japanese Language] [Always under construction]

[ ぐる Top || 現代篇 ]

Who knows what a GURU is? (現代篇)

Recent Usages // 身のまわりにいる「ぐる」たち。

[Since 1999/10]


[前] index

黎明期コンピュータ技術者の「ぐる」(Jargon File)

[Table of Contents]

Hackers Jargon File

黎明期コンピュータ技術者(ハッカー)たちの文化を理解するうえで役立つのが "Hackers Jargon File" [Wikipedia]というやつです。 この文書には、ハッカーたちが日常使っていた俗語がどんなものだったかという 情報がちりばめられているからです。

ということで早速 Jargon File を見てみましょう。当然のように [ 「東北大の山根」のミラー ] を使ってみます . . . あったあった。 http://www.vacia.is.tohoku.ac.jp/mirror/jargon/jargon_22.html#TAG819 によりますと、 こんな風に出ています。

[Table of Contents]

単語guru

guru /n./

[Unix] An expert. Implies not only wizard skill but also a history of being a knowledge resource for others. Less often, used (with a qualifier) for other experts on other systems, as in `VMS guru'. See source of all good bits.

guru meditation /n./

Amiga equivalent of `panic' in Unix (sometimes just called a `guru' or `guru event'). When the system crashes, a cryptic message of the form "GURU MEDITATION #XXXXXXXX.YYYYYYYY" may appear, indicating what the problem was. An Amiga guru can figure things out from the numbers. Sometimes a guru event must be followed by a Vulcan nerve pinch.

This term is (no surprise) an in-joke from the earliest days of the Amiga. There used to be a device called a `Joyboard' which was basically a plastic board built onto a joystick-like device; it was sold with a skiing game cartridge for the Atari game machine. It is said that whenever the prototype OS crashed, the system programmer responsible would calm down by concentrating on a solution while sitting cross-legged on a Joyboard trying to keep the board in balance. This position resembled that of a meditating guru. Sadly, the joke was removed in AmigaOS 2.04 (actually in 2.00, a buggy post-2.0 release on the A3000 only).
[Table of Contents]

「グル」の日本語概要

guru (名詞) [Unix] 熟練(エキスパート)。単なる名人(wizard skill)というだけじゃなく、 みんなに教えてくれる人。Unix以外のシステムでもたとえば `VMS guru' みたいに 使われることも。

guru meditation (名詞) Unix の「パニック」みたいなのを Amiga でこう言う。Amiga のシステムが暴走すると "GURU MEDITATION #XXXX.YYYY" みたいな感じの謎めいたエラーメッセージが出るんだ。 Amiga guru は、この XXXX.YYYY の数字を見ただけで何が起こったのか わかる。 このguruイベントが起こると、その次に Vulcan nerve pinch (三本指攻撃。要するに Control+Alt+Delete の同時押しのこと; 解説, ネタ元は右動画)が執り行われることもある。
 この単語は、Amiga最初期の内輪話に由来する。 「ジョイボード」 [Wikipedia]という装置があったんだけど、 開発中のシステムがバグるたび、開発者たちはジョイボード上に足を組んで座って バランスを取ることで 落ち着きを取り戻していたらしい。 これがグルの瞑想の姿勢と似てたんだね。ただこれは Amiga 2 になると消滅した。

[Table of Contents]

つぶやき

[Table of Contents]

guru について

ポイントは「単なる名人(wizard skill)というだけじゃなく、 みんなに教えてくれる人」という点ですよね。英語でいうと

being a knowledge resource for others
この点。単に「すげえ人」というだけならグルとは言わない、 皆を教え導いてくれる人じゃないと。‥と。

[Table of Contents]

guru meditation について

こちらは、上記「グル」とは着眼点がちょっと違うところがあります。

 上記「グル」の場合は、なによりもまず「教え導く」点、それこそが グルの特質だと語っている訳ですけど、こちらはそうではありません。 「教える」という点とは何も共通点がありません。そうではなく‥
開発中のシステムがバグるたび、開発者たちはジョイボード上に足を組んで座って バランスを取ることで 落ち着きを取り戻していたらしい。 これがグルの瞑想の姿勢と似てたんだね。
グルの瞑想の姿勢と似ていた (This position resembled that of a meditating guru)‥。

 つまり「グル」とは「教え導く人一般」を意味する言葉では やっぱりなくて、 瞑想型の修行をする人たち、つまり、インド系の宗教者たちという縛りが (当然ながら)ガッチリ残っているということですよね。 たぶん日本の「禅」とかもこのカテゴリに入るんだろうとは思いますけど、 でもやっぱり アニメの「ミクロ決死隊」の Guru 隊員のようなイメージが、やっぱり、強いんだろうと思います。

[Table of Contents]

世間に馴染まないイメージ?

私のイメージでは、インド系の宗教というのは、仏教も基本的にはそうなんですけど、 出世間型の宗教のように思えるんですよ。つまり世俗を離れて、 自分は高みを目指すし、おまえらもそういう方向(出世間)を目指せよ、と。 そういう点で「グル」はどうしても世の中に背を向けてるというか、 一般社会に馴染まないとか、そういう感じになると思うんですけど。

 コンピュータ開発者のグルはそのへん、どうかと考えてみたんですけど。 ‥‥‥まあ、社交的であるべき職種ではなさそうですよね。実際、古文書(?)を見ても

過去の研究 [1]では、本物の男たちは何ものにも馴染むことはしなかったし、非人間的であることを恐れなかったと指摘されている (「本物のプログラマはPASCALを使わない」の和訳)

ここでの「本物の男たち」というのは「本物のプログラマ」のことです。 彼らは大衆どもに迎合する真似はしなかったし、 女子供の食うようなキッシュ(Quiche)なんかも食わなかった‥。 安易に世間に迎合せず、自分が「正しい」と信じる方向に突き進む、そんな 「本物のプログラマ」たちの職人気質な態度は、 意外と「グル」とイメージは合いそうですね。そのへんのイメージの合致も 「グル」という単語が使われる理由にあったりするんでしょうか。

[次] Guru and Wizard