[Most contents are written in Japanese Language] [Always under construction]

[Top]

日本の民間伝承にみる外道

日本の民俗にみる「外道」の用例です。といいつつ、ちょっと用例が少ない‥


[前] 山口県における「外道」

石塚(1959)『日本の憑きもの』

[Table of Contents]

外道と犬神

日本の「憑きもの」研究における非常に重要な著作として

石塚尊俊. 『日本の憑きもの --俗信は今も生きている』, 未来社, 1959.
という書物があります。ここでは、この石塚1959において紹介されている 「外道」の概略について紹介したいと思います。

島根、広島の主として山間部では、憑きもののことを ゲドウといっている。ゲドウとは元来仏教上の用語で、 『資治記』に「言外道不受仏陀別行法」とあるように、 仏陀の教えを受けない異法の者を意味する語であった。 それをこの地方では、一般に人を罵倒する語に用い、 「このゲドウ」といい、あるいは「このゲダ」とも なまっている。したがって、ここにゲドウといっても、 それはある特定の動物を指すものではなく、元来は 人狐や犬神を罵倒していう語に過ぎなかったろう。 したがって、その正体は人狐や犬神と結局は同じ ものであったろうと思われる。 (石塚1959, p.46)
「外道」の歴史的用例につきましては、他の ページ[このへん?]をどうぞ。

 つまり、島根・広島の山間部では憑物のことを「ゲドウ」「ゲダ」という。 ゲドウはもともと罵倒語のはずだから、つまり人狐や犬神への罵倒の言葉が 呼び名として定着したのでは? ということ。

 ただ、いまいち「人狐や犬神への罵倒の言葉が呼び名として定着」という のがいまいち納得しにくいように思えますけど。同じ石塚1959に以下:

『本朝故事因縁集』には、「備後・安芸・周防・長門の賤民、犬神という 外道の神を持ちて、少しの恨あれば犬神を人に憑くる (p.失念^^;)
『本朝故事因縁集』(1689(元禄2)年)に「犬神という外道の神を持ちて」と書かれた 用例があり、犬神と外道を同一視してるらしき言及が見られること。

 また、あの柳田国男が以下:

右の外道神というのは、すなわちよく人のいう犬神のことである。同じ 広島県の中でも、安芸の高田郡などにおいては、犬神といっても外道といっても、 同じ物を意味するそうである。 (柳田国男「おとら狐の話」『柳田国男全集(6)』(ちくま文庫1989),p.548)
このように外道神と犬神を「同じ物を意味するそうである」と書いておられることから、 もう、この両者が違うものとは言えない、という感じのようです。

[Table of Contents]

動物的な姿をもつ外道

 広島県甲奴郡K村での伝承を聞くと‥(中略)‥外道は鼬くらいの大 きさで、台所の床の下におり、その鳴声は「ウッウッ」または「グッグッ」である。走るのが早 く常に動いている。‥(中略)‥
 比婆郡でも、‥(中略)‥ゲドウ には野外道と憑く外道との二種があるという人もあり、それによると、野外道は鼬よりもやや小 さいくらいのものであるが、憑く外道はずっと小さくて、ほとんど掌中に入るくらいであると説 明する。‥(中略)‥
 双三郡でも大体いうことは同じであるが、ただそこでは、その形態を土竜よりはやや大きく、 鼬よりはやや小さく、茶褐色をした、足の短い動物だと説明する。(石塚1959, pp.46-47; 柳田「おとら狐の話」p.546 にも同様な記述あり)
ネズミとかイタチとかモグラとか、そういった感じの小動物の姿をしている、と されているみたいですね。

(以下、書きかけで絶賛放置中)

柳田によれば「愛らしい」とかあります。でも憑く。女にだけ憑く。 このへんをどう書くか、だ。

何故「外道」と呼ぶかについて。石塚p.175では、神道的な落としでも密教的どうこう‥とある。 吉田系神道 日蓮宗中山派

ちゃんと読もう (^_^)

[次] 子供に対する呼称としての「外道」