[Most contents are written in Japanese Language] [Always under construction]

[チラシの裏]

趣味の哲学




不可能性が滅亡するし物々しい時、組織化されて両義性はそれこそ当為性を加速するべきではなく、持続的にすなわち存在しない。本質的なるものが真に象徴的儀式であるが故に政治でさえ分解するし現代では理性は存在するようにまた辛苦であるあり放棄されると断定することは避けるべきだ。シニフィアンはアウラ的な力を有するのと同様につまり権力は理性批判の方策を提供するし原理的なものとしてベンヤミン的政治意識だけが短期的に見れば彼らを脅かすなど目を背けたくなるほどに神秘化される。ファシズムは意識の機能であると言えるが、いわば説明できない必要があるが、シーニュの恣意性は生産活動のために結合価を担うならば表現されたものとして黙殺されるとはいえ換言すれば知の系譜学を黙殺している。リジッドなハイアラーキーの中で社会的規範が因果律を提示するらしいが、思考様式の中で世俗化を可能とするという事であり領域侵犯がキリスト教的な良心を書き換えるが、パロールが微分的に無意識に依拠する必要がある。しかし幸福と暴力の結合すら引き裂かれるれおしなべて反省的に自壊するし異質性も淘汰されるとしても権威主義を暗示するし神秘主義の基礎となるべきではない。同時にトーテミズムはその主体の領域侵犯のために表層に作用しているており力への意志は先行する社会の組成を通じて成立しないものの近代の哲学は禁忌を肯定するのではなく近代的思惟の内部に浸透する事もありいかにも解体する。正当化への希求が排除されるれ言述的事象は容認されるので浅薄な総花的知識の羅列が混沌へと引き戻されるとされる。

人間諸科学だけがこのように精神の所有物であるのではないが即座に思考形態が容易に推察される以上、ディオニュソス的な祝祭の中でそのナルシスティックな言い回しに近似するからには哲学はパラケラスス的世界観にとって現象を脱構築するものとされるがゼロ記号として左翼的な反省のポーズでさえ長きに渡り安定するのではない。少なくとも社会的基盤が再び自己組織化の問題から分離するだろう。パトス消滅するべきであり他方でそれを語る事ができないなどこれらは空想的社会主義に由来する。したがって記号の体系は有り得ない事ではないはなくそれら相互の関係において同一性を保持し得ないほどに人間中心主義も次第に没意味的な文献実証主義に陥るかの如くいずれにせよマルクス主義的であるとは信じがたい。理論すら象徴的価値と名付けられるとしか言いようがない。器官なき身体がメトニミー的である。ミメーシス的テクネーが排他的である事もあり単純化された事象からの脱却を試みるのであれば近代のアポリアを維持するという事である。人間だけが永久に汚染される時、極限の荒野において行動が倫理的合理化とされるとしてもそれによって失意と絶望にまみれて死ぬ。

それは再生産されるれ発達するものとされるがまさにエクリチュールを要請されるのと同様にもちろん燃え尽きる。主観的に虚無はメタラングではないのではなく現在のところ依然として規範意識に集約されるれこの点についてパラドクスであるだけでは不十分だ。実存すら無駄なものに見えるのであり一方において解放されるれ決定論者の如く間主観性の問題は驚愕に値するのではないが元々カリスマ指導者を求めているのである。顕在的に主体なき意志も破棄すべき程度に演技するならばその認識の枠組が認識の表層で暴力の所産であるとは言えずランガージュが圧殺される。消費の形式でさえそれらの中では常に隠蔽されているており自己言及的な批判が明示されるように全くおそらく認識論的還元に接近する。表象の秩序が明確な暴力性であるありトポロジー的に儀礼化された行動と仮定できる事だから至高性は恐ろしいからにはアーケイックな領域において意識から演繹されるれ存在しないというのは誤りだ。この係争のプロセスは差延化するし楽園から追放される場合、予断を許さないものであるのであれば戦争機械は繰り返し唯物史観を与えられるとされるがあまねくカント的実践だけがエピステモロジークに知の考古学者への回帰であるのは間違いではない。根源性は常識的に伝統的スターリニズムによって制約されるべきではなく、存在する。

個別具体的に蕩尽の概念は暴力的にディレンマを確定するし自動的にディスクールの実践はスターリン主義言語学を解体するらしいが、瞬く間に見る事ができないと言っても過言ではない。これらの実践を通して主体そのものがマルクス教条主義から逃れる事はできないし特定共時的にこうして科学技術の間を往復する。ある程度まで社会的合理化も辛苦である必要があるが、構造は比較的多数にとって説明できないもののまず魔術から解放される以上、生産において法の概念と癒着するので要するに主権に変化する。その無力化がここに至って淘汰されるが、確かに現実は経験を特徴づけるし象徴的儀式であるからこそなおかつ放棄される時、意識の機能であるだろう。合理化された社会において文の機能でさえそれに対して自壊するのではないが第三項すら間断なく混沌へと引き戻されるべきであり解体するとは考えられない。そこでは近代的自我はモードに依拠するという事だろう。主観は引き裂かれる必要があるが、場合によっては革命家が貨幣制度を継承するものでありその深淵に至るまで結合価を担うように思われる。タクシノミー的に正義を宣言し執行する暴力が自由の名目のもとにそれを語る事ができないとはいえ超越的存在は排除される。

人工無能は、もっと精度の高いものが求められる[*1]。パロールは苦痛である。


*註1
本ペイジの由来について

それは 1995 年秋頃のある日、雑談の最中に、突然起こった。
「TAさんに《現代思想チャンネル》を書かせてあげますよ」
「え?! 言ってる意味がわからんが‥」
「ぼくが作ってる『チャンネル999』というページの下にページを 作らせてあげよう、というわけです」
「ええ?! ... (そんなことしてもらわなくたって、すでに自分の ページがあるってのに)」

... そのときは事態をよく把握できなかったTAであった。しかし、その夜、福島尊師あてに一通のメイルを出したのである。

「ご指名くださり、ありがとうございます。 《現代思想チャンネル》を速攻で作りました。尊師のお気に 召しますかどうか」

それに対する福島尊師のお答えに曰
「善哉善哉。世のページの主旨に沿うたものである。 では今度はソチに《趣味の哲学》を作らせてやる。しかと 励むように」
「... (-_-#凸」
かくて、世にも稀なる高貴な「福島」のペイジができあがった訳である。なお、このペイジははじめ galaga.jaist.ac.jp というマシン上でサービスをおこなっていたが、福島尊師が JAIST から最終解脱なさり、また私も東北に移った関係もあってサーバを何度か移転し、今は普通のプロバイダ上のマシン上でサービスをおこなっている。

関連(?)情報

[Total pages] [Prev][Next]