[Most contents are written in Japanese Language] [Always under construction]

[かんのんさま::メモ]

かんのんさまは南に西に

[梵文法華経/24:かんのんさまの章] に関する「めも」です。

[前] 地獄に観音様(中国・清初)

[付録] なんで「三十三」なの?

[Table of Contents]

こたえ

Wikipedia の「観音菩薩」の項目(2010/01/19)[*]を見ると、ズバリのことが書かれてます。

普門示現

観音が世を救済するに、広く衆生の機根(性格や仏の教えを聞ける器)に応じて、種々の形体を現じる。これを観音の普門示現(ふもんじげん)という。法華経「観世音菩薩普門品第二十五」(観音経)には、観世音菩薩はあまねく衆生を救うために相手に応じて「仏身」「声聞(しょうもん)身」「梵王身」など、33の姿に変身すると説かれている(下記の通り)。

西国三十三所観音霊場、三十三間堂などに見られる「33」という数字はここに由来する。なお「三十三観音」(後述)とは、この法華経の所説に基づき、中国及び近世の日本において信仰されるようになったものであって、法華経の中にこれら33種の観音の名称が登場するわけではない。

この普門示現の考え方から、六観音、七観音、十五尊観音、三十三観音など多様多種な別身を派生するに至った。

このため、観音像には基本となる聖観音(しょうかんのん)の他、変化(へんげ)観音と呼ばれるさまざまな形の像がある。阿弥陀如来の脇侍としての観音と異なり、独尊として信仰される観音菩薩は、現世利益的な信仰が強い。そのため、あらゆる人を救い、人々のあらゆる願いをかなえるという観点から、多面多臂の超人間的な姿に表されることが多い。

三十三身の種類

(1)仏身(ぶっしん) (2)辟支仏身(びゃくしぶつしん) (3)声聞身(しょうもんしん)
(4)大梵王身(だいぼんおうしん) (5)帝釈身(たいしゃくしん) (6)自在天身(じざいてんしん)
(7)大自在天身(だいじざいてんしん) (8)天大将軍身(てんだいしょうぐんしん) (9)毘沙門身(びしゃもんしん)
(10)小王身(しょうおうしん) (11)長者身(ちょうじゃしん) (12)居士身(こじしん)
(13)宰官身(さいかんしん) (14)婆羅門身(ばらもんしん) (15)比丘身(びくしん)
(16)比丘尼身(びくにしん) (17)優婆塞身(うばそくしん) (18)優婆夷身(うばいしん)
(19)人身(じんしん) (20)非人身(ひじんしん) (21)婦女身(ふじょしん)
(22)童目天女身(どうもくてんにょしん) (23)童男身(どうなんしん) (24)童女身(どうにょしん)
(25)天身(てんしん) (26)龍身(りゅうしん) (27)夜叉身(やしゃしん)
(28)乾闥婆身(けんだつばしん) (29)阿修羅身(あしゅらしん) (30)迦樓羅身(かるらしん)
(31)緊那羅身(きんならしん) (32)摩睺羅迦身(まごらかしん) (33)執金剛身(しゅうこんごうしん)
まあ簡単に言ってしまえば「観音経」という書物(であり、また実はその内容は 『妙法蓮華経』の第25章とまったく同じ)に、「かんのんさまは  いろいろな姿を取って わたしたちの前に あらわれる」と書かれていて、 その「いろいろな姿」の例として書かれてる姿を数えると33個あるから、 という感じみたいです。

 ちなみに「三十三観音札所」の一番目が「仏身の観音」で、二番目が「辟支仏身の観音」で‥ なんてのは見たことがありませんので、たぶん上記「三十三身の種類」における 「三十三」という数字だけが一人歩きしちゃったんですね。

[Table of Contents]

かくにん

んで、上のように書いただけだと面白くないですので、せっかくなので 『妙法蓮華経「観世音菩薩普門品第二十五」(観音経)』における該当部分 [SAT]を 紹介しておきましょう。三十三身のそれぞれが 書かれてる部分にシルシをつけてみました。ちょっと見やすいように、 5つごとに色を変えてあります。こうすると、確かに「かんのんさまは、33種類の 姿をあらわす」と書かれているのだなあ、というのがわかると思います。

 
33 figures of Kannon in 妙法蓮華経(T262)
無盡意菩薩白佛言。世尊。觀世音菩薩。云 何遊此娑婆世界。云何而爲衆生説法。方 便之力。其事云何。佛告無盡意菩薩。善男 子。若有國土衆生應以佛身得度者。觀世 音菩薩。即現 佛身 而爲説法。應以辟支佛身得度者。即現 辟支佛身 而爲説法。應以聲聞身得度者。即現 聲聞身 而爲説法。應以梵王身得度者。即現 梵王身 而爲説法。應以帝釋身得度者。即現 帝釋身 而爲説法。應以自在天身得度者。即現 自在天身 而爲説法。應以大自在天身得度者。即現 大自在天身 而爲説法。應以天大將軍身得度者。即現 天大將軍身 而爲説法。應以毘沙門身得度者。即現 毘沙門身 而爲説法。應以小王身得度者。即現 小王身 而爲説法。應以長者身得度者。即現 長者身 而爲説法。應以居士身得度者。即現 居士身 而爲説法。應以宰官身得度者。即現 宰官身 而爲説法。應以婆羅門身得度者。即現 婆羅門身 而爲説法。應以比丘比丘尼優婆塞優婆夷身得度者。即現 比丘 比丘尼 優婆塞 優婆夷身 而爲説法。應以 長者 居士 宰官 婆羅門婦女身 得度者。即現婦女身而爲説法。應以童男童女身得度者。即現 童男 童女身 而爲説法。應以 夜叉 乾闥婆 阿修羅 迦樓羅 緊那羅 摩睺羅伽 人非人等身得度者。即皆現之而爲説 法。應以執金剛身得度者。即現 執金剛身 而爲説法。無盡意。是觀世音菩薩。成 就如是功徳。以種種形遊諸國土度脱衆 生。是故汝等。應當一心供養觀世音菩薩。 是觀世音菩薩摩訶薩。於怖畏急難之中能 施無畏。是故此娑婆世界。皆號之爲施無 畏者。

これでご納得いただけたでしょうか。


[Table of Contents]

えっ? 童目天女??

‥という感じで、この項を締めようと思ってたんですけど。

 ここまで書いた文を読み返してみると、これでは終われないことに気づいてしまいました。 何故かというと『妙法蓮華経』の記述と Wikipedia の項目が一部合ってないじゃ ないですか! Wikipedia は

「(19)人身(じんしん) / (20)非人身(ひじんしん) / (21)婦女身(ふじょしん) / (22)童目天女身(どうもくてんにょしん)」
と書いてありますけど、 上の『妙法蓮華経』では
(19)が「長者(婦女身)」、(20)が「居士(婦女身)」、(21)が「宰官(婦女身)」、 そして(22)が「婆羅門婦女身」
となっています。

 Wikipediaに書かれてる、この4つはどこから湧いてきたの??? えー?! (@_@;

 ということで、ちょっと調べてみたんですけど(泥縄‥)、

 結論から言えばWikipediaにおける記述はどこから出てきたのか。 つまり「童目天女」なるものが一体何で、どこで「三十三身体」の中に 割り込んできたか。‥これについては全然わかりません。 (いろいろ検索してみてもヒットしない‥)

[Table of Contents]

摂無礙経とは

 唯一見つけたのが 『攝無礙大悲心大陀羅尼經計一法中出無量義南方滿願補陀洛海會五部諸尊等弘誓力方位及威儀形色執持三摩耶幖幟曼荼羅儀軌』(大正1067; [SAT])という、やけに長いタイトルの密教文献 (通称『摂無礙経』or『補陀落海儀軌』)で、その中に「童目天女」なるものが出てくる ことだけ、何とか見つけることができました。

 望月仏教大辞典によればこの通称『摂無礙経』は

「金剛界五部の諸尊並に千手千眼観世音菩薩の 大曼荼羅諸尊の威儀形色を説けるもの。‥(中略)‥第五院に四摂菩薩及び 観音三十三化身等の四十尊を挙げ、各其の威儀形色等を説き」
‥という感じのお経みたいです。 つまり、マンダラ内で表現される観音さまの三十三分身を列挙して、 そのそれぞれの姿がどのような姿で描かれるかを述べてる感じの文献ですね。 マンダラ作成者用の虎の巻、的な感じなんでしょうか(よくわかりません)。

[Table of Contents]

摂無礙経の記述は

実際に「摂無礙経」 [SAT] を見てみると‥

T1067_.20.0134c09: 北門佛身 (01)
T1067_.20.0136b09: 東門南婆羅門身 (14)
T1067_.20.0136b12: 次摩睺羅伽身 (32)
T1067_.20.0136b15: 次聲聞身 (03)
T1067_.20.0136b18: 次比丘尼身 (16)
T1067_.20.0136b21: 東門比丘身 (15)
T1067_.20.0136b24: 次緊那羅王身 (31)
T1067_.20.0136b27: 次毘沙門身 (09)
T1067_.20.0136c03: 次宰官身 (13)
T1067_.20.0136c06: 南門東優婆塞身 (17)
T1067_.20.0136c09: 次非人身 (20)
T1067_.20.0136c12: 次童目天女 (22)
T1067_.20.0136c16: 次小王身 (10)
T1067_.20.0136c19: 南門西優婆夷身 (18)
T1067_.20.0136c22: 次龍身 (26)
T1067_.20.0136c25: 次大自在天身 (07)
T1067_.20.0137a01: 次婦女身 (21)
T1067_.20.0137a04: 西門南天身 (25)
T1067_.20.0137a07: 次夜叉身 (27)
T1067_.20.0137a10: 次辟支佛身 (02)
T1067_.20.0137a13: 次童女身 (24)
T1067_.20.0137a16: 西門北人身 (19)
T1067_.20.0137a19: 次乾闥婆身 (28)
T1067_.20.0137a24: 次執金剛身 (33)
T1067_.20.0137a29: 次童男身 (23)
T1067_.20.0137b03: 北門東天大將軍身 (08)
T1067_.20.0137b06: 次迦樓羅身 (30)
T1067_.20.0137b10: 次大梵王身 (04)
T1067_.20.0137b19: 次長者身 (11)
T1067_.20.0137b22: 北門西自在天身 (06)
T1067_.20.0137b25: 次阿修羅身 (29)
T1067_.20.0137c01: 次帝釋身 (05)
T1067_.20.0137c07: 次居士身 (12)
T1067_.20.0137c10: 以上三十三身安住月輪中大蓮華葉座
上記、「〜身」と書かれてる三十三項目だけ(プラス童目天女。あれ? これは「身」 つかないの??)抜き出したのち、各項目に対応するWikipediaでの番号を私が カッコ付きで行末に追記したものです。

[Table of Contents]

三十三身体の順番がバラバラ?!

ここで問題となっている、 『妙法蓮華経』とWikipediaの内容が違ってる 19〜22 の4項目は赤で示しています。

 さてこの各項目、Wikipedia で紹介されてるような順番で並んで出てくると思ったら 実はそれが大間違いで、順序が驚くほどにバラバラです。 乱数使って散らしたのか? と思っちゃうくらいです。 また「仏身」だけ別格なんでしょうね。仏身だけ他の項目とは かなり離れた場所に出てきます。各行の行頭に書かれた数字の末尾のほうの 「20.0134c09」というのは「大正大蔵経の第20巻の134ページのc段(下段)の09行目」を 示しているんですけど、これを見ると「仏身」が134ページc段、他の32項目が 136ページのb段から137ページのc段にかけて書かれていることがわかりますので、 「仏身だけずいぶん離れた場所にあるなあ」ということがわかると思います。 図像にすると、このへんキレイに納まったりするんでしょうか。 あるいは、順番について述べた 何か別なテキストがあったりするんでしょうか。そのへんは現状では不明です。 ‥‥しかし「童目天女」って何? 私、Wikipedia ではじめて見たんですけど‥

[Table of Contents]

「人身」と「非人身」は入れる? 入れない?

さらに気になる点として、Wikipedia の記述、そしてそれと内容が対応してるっぽい 『摂無礙経』では「(19)人身(じんしん)、(20)非人身(ひじんしん)」が 三十三身に含まれていることがあります。

 「人」と「非人」という文字は、じつは『妙法蓮華経』の当該箇所にも 存在しています。

應以 天龍夜叉乾闥婆阿修羅迦樓羅緊那羅摩睺 羅伽人非人等身得度者。即皆現之而爲説 法。(妙法蓮華経 57b15--57b17[SAT])
[大雑把訳] (25)天、(26)龍、(27)夜叉、(28)乾闥婆、(29)阿修羅、(30)迦樓羅、 (31)緊那羅、(32)摩睺羅伽といった 人や人でないもの(非人)どものため、 それぞれの姿で説法される。(対応: 岩波文庫p.下256)

 しかし「人」「非人」は上の大雑把訳のように「‥といった人や人でないもの」という感じ、 その前に列挙された項目を総括する感じに解釈され、 三十三身には入れないのが普通のはずです。というか、これら二つを加えてしまうと 「三十五身」になってしまいキリが悪くなるのを嫌って、 わざわざ総括的な感じに解釈したんでしょうか。

 でも Wikipedia とか 『摂無礙経』では「(19)人身(じんしん)、(20)非人身(ひじんしん)」も 三十三身に入れてますよね。何なんだろ?? ‥‥んー。 現行の『妙法蓮華経』とは別系統のテキストに基づいていて、さらに 「三十三」というキリのよい数に合わせるための やりくりの痕跡??

[Table of Contents]

[余談] お地蔵さまも‥

 なお。いろんな姿を取るのは「かんのんさま」の専売特許ではなく、 『地藏菩薩本願經』 [SAT][ここ]によれば、 地蔵様も いろいろな姿を取って人々を導かれる、と語られています。曰:

「男子身、 女人身、 天龍身、 神鬼身、 天帝身、 梵王身、 転輪王身、 居士身、 国王身、 宰輔身、 官屬身、 比丘、 比丘尼、 優婆塞、 優婆夷身、 声聞、 羅漢、 辟支佛、 菩薩等身」
『妙法蓮華経』の三十三身と、一部重複してますね。ただ お地蔵様は「仏身」は取らないみたいです。

 それと、これは本当に余談になりますけど。 国産とされる「地蔵十王経」では、 地蔵菩薩は「十王」たちの5番目・閻魔王の本地仏とされています。 この「十王」たちの10番目が五道転輪王と呼ばれる王なんですけど。 上の『地藏菩薩本願經』を 見ると、お地蔵様が取られる身体に「転輪王」は入っているのに「閻魔王」が入ってない! 逆じゃん!! ‥というのがちょっと気になりました。まあキャラクター設定を行った人たちが 全然違うわけですから、矛盾があっても仕方ないことではあるんですけどね‥。閑話休題。


[Table of Contents]

なんで「三十三」なの? (再)

[Table of Contents]

『妙法蓮華経』の三十三身は、たまたま(?)

と、こう説明されると、何か理解しちゃったような気になってしまうわけですけど、 ちょっと待った! 「そもそも何で観音様は三十三の姿を表すのか。三十三という数字にはどういう 意味が込められているのか」という根本的な問いが棚上げに なってない?? その疑問が解決しないと「なんで観音札所は三十三なのか」が わかったことにならなくね? ‥と思う人もいるでしょう。

 そんな人のため、私は敢えてこう言っておきます。 理由はない、たまたま33になったのだ、と。

 中国や日本で「法華経」といえば、鳩摩羅什という人がサンスクリット文献を 古典中国語訳した『妙法蓮華経』(大正262)を指すことが多いのですが、専門家の人たちに とっての「法華経」はもうちょっと範囲が広くて、たぶんインドで 作成され伝承され増広された Saddharmapuṇḍarīka と呼ばれる文献(群)、 そのチベット語訳文献、そして何種類かある古典中国語訳文献(その一つであり、 また中国や日本で最も有名なのが『妙法蓮華経』)などの総称として使われます。 これらの文献は、全体を通して見ると同じ文献なんですけど、伝承の途中で それぞれ細部に異なりが生じてしまっています。 これは口伝、あるいは筆写によって伝承されてきた古典文献の宿命というやつで 仕方ないことですよね。人間、いくら気をつけていても写し間違い、しちゃうじゃないですか。 昔の人も やっぱ写し間違いしちゃうんですよね。一語飛ばしたり、一行飛ばしたりとかも[*1]。 あと、自分が気に入ったセリフがあると、ついそのセリフを余計に入れちゃったりとか。 そんなこんなで、いつのまにか法華経ほどの文献であっても 「棒の手紙」[*]みたいな ことが起こっちゃうわけです。 ですから、これら同内容の文献どうしを一語づつ対比しながら読んで 「ああ、この部分はどの文献にも出てくるから、元から存在する記述なんだな」とか 「この部分は一部の文献にしか出てこないから、後の時代の追加だな」なんてことを していくことは結構、いや、かなり大事な作業になってくる訳です。

[Table of Contents]

『正法華経』だと十五身

んで、ここでは他の「法華経」文献において「かんのんさまは 三十三とおりの お姿を 現される」の部分がどのように書かれているかをチェックしてみたいんですけど‥

15 figures of Kannon in 正法華経(大正263)
佛言。族姓子。光 世音菩薩所遊世界。或現 佛身 而班宣法。或現 菩薩形像色貌 。説經開化。或現 縁覺 或現 聲聞 。或現 梵天帝像 而説經道。或 揵沓和像 。欲度鬼神現 鬼神像 。欲度豪尊現 豪尊像 。或復示現 大神妙天像 。或 轉輪聖王化四域像 。或 殊特像 。或復 反足羅刹形像 。或 將軍像 。或現 沙門梵志之像 。或 金剛神隱士獨處仙人僮儒像 。光世音菩薩。遊諸佛土。而普 示現若干種形。在所變化開度一切。是故族 姓子。一切衆生咸當供養光世音。
上が竺法護訳 『正法華経』(大正263)の対応部分[SAT]です。 観音様(ここでは「光世音菩薩」となってます)の姿が、 たった15通りしか書かれていません。 残り18個、とくに『妙法蓮華経』で列挙されているもののうち、 後ろのほうで挙げられているものほど、こことの対応が 掴みにくいような感じです。

[Table of Contents]

チベットは十六身

16 figures of Kannon in Sanskrit/Tibetan SP
仏は無尽意菩薩に仰せです。-- 「観世音菩薩が の姿で説法する世界もあれば、 菩薩 の姿で説法する世界もある。 独覚 の姿で説法する世界もあるし、 仏弟子 の姿のときも、 梵天様 の姿のときも、 帝釈天ガンダルヴァヤクシャ自在天大自在天転輪王ピシャーチャ毘沙門天将軍バラモン執金剛神 の姿で説法する世界もある。観世音菩薩は、 このように、不思議である。それゆえ観世音菩薩を供養せよ。 観世音菩薩は、皆から恐怖を取り除くゆえ『施無畏者』と呼ばれるのだ」
そしてサンスクリットとか チベット語訳ではどうなっているか。 ここではちょっとズルして和訳で済ませます。荻原土田本に対する 拙訳の大雑把訳 [URL]なのですが、 数えてみると16通りの姿しかありません。こんな感じで、同内容のはずの文献を いろいろ比較してみると、観音様のお姿に関しては、とくに 法華経そのもの、というか当時『法華経』を伝えた人たちの間では 33という数字に特に深い意味はないということがわかるのではないでしょうか。 そうじゃないと、数字がこんなにバラバラであることの説明がつきませんよね?

 でも、じゃあ何で鳩摩羅什が翻訳に使った元の文献だけ、こんなに 数が増えてしまったのでしょうか。おそらくそれを解くカギは 「第25章・かんのんさまの章」のひとつ前にある「第24章・妙音菩薩の章」 にあるんじゃないかと思います。というか、上で紹介したのとほぼ同じ表現が、 その章では「妙音菩薩は●●の姿をして教えを説く」という文に形を変えて、 同じように列挙されてるわけです。たぶん伝承の途中でこの二つが混ざってしまい、 観音様の姿が増えちゃったんですね? そんな気がしてます。

[Table of Contents]

[総括] バラバラだから、たまたまじゃないか?

ということで、どうしても観音様の姿が33である理由を答えないといけない というのなら。こんな感じのことは言えるかもしれません。

「鳩摩羅什が翻訳に使った元の文献においては、 たまたま観音様のお姿として33通り書かれていたから。 そして、鳩摩羅什による翻訳の出来がよすぎて、中国でも日本でも 『法華経』といえばこれに決まり! となってしまったから。」

なお。「かんのんさまの章」の中身はだいたいどんな感じなの? ということが 気になる人のため。[ここ]に 法華経(梵文)第24章の大雑把訳を用意しました。梵文ベースなので、 観音様の姿のパターンは16通りしかありませんけど、よろしければどうぞ。


*註1
私は直接目にしたことはないんですけど、「法華経」ではないんですけど。 一行間違えるだけじゃなく、一ページ丸ごと飛ばしてしまう‥場合もありますけど、 それ以外にも、 紙(?)をめくり間違えるなどして同じ紙の両面を二回連続で書き写してしまってる写本も あるみたいです(参照: 岩本裕(1967)『仏教説話研究序説』,p.50)。
「まあ今だとコピペすれば正確だからね」と思うわけですけど、だから今のほうが良いとは 言えないところもありますよね。今はコピペが簡単すぎるせいで「読まずにコピペ」が 普通になってきてる印象があります。それよりはむしろ一語一句かみしめながら時々間違う 書写のほうが、細部は違ってしまっても、マシな伝わり方をしそうな気がする、というより マシな伝わり方をしてほしいとは思います。