[Top]

餓鬼について

[佛説救抜焔口餓鬼陀羅尼經]に 端を発して作成している「めも」です。


[前] [日本] 餓鬼はどこに

[日中]施餓鬼

[Table of Contents]

施餓鬼の目的。もとは現世利益!

 施餓鬼の目的は何なのか、よくわからないですけど。本経を見るかぎりでは 先祖供養とか餓鬼抜苦とかではなく(とくに先祖供養に関しては、 [ 仏説救抜焔口餓鬼陀羅尼経 ] では まったく考慮されてないですよね)、その最大の目的は 三日後に亡くなるはずだった阿難がその難を逃れたのと同様、 「寿命が延びるし元気になるしラッキーになる。非人、夜叉、羅刹、諸悪鬼神どもを 寄せ付けない。幸せも寿命も限りない」。

 つまり本来の施餓鬼の主目的は「延命祈願」というように 読めてしまうんですけど。それで合ってるんでしょうか??

[Table of Contents]

施餓鬼と盂蘭盆の合体

日本では、この「施餓鬼会」と、いわゆる「お盆」[仏説盂蘭盆経]とが 合体してしまいました。この理由として、施餓鬼会は日時の指定がないため、同じ「餓鬼に対する設供-- 抜苦という共通のモチーフ」(藤井正雄(1980)「盂蘭盆と民俗」『講座日本の民俗宗教(2)仏教民俗学』,p.117) を持つものどうし一緒にしやすかった、という事情があるみたいです。

 さらに 『餓鬼草紙』(12世紀?)などを見ると、 同一の巻物に 「盂蘭盆経」ベースの記述「救抜焔口餓鬼陀羅尼経」ベースの記述 が 同居していますので、たぶん日本では かなり早い時期、もしくは最初からほぼ合体状態だったのでは? との疑いもあります。

 なお、現代で「施餓鬼会」といえば お寺の本堂でやるもの、という感じが普通かもしれません(ウチの菩提寺でもそうでした)が、藤井氏によれば この「本堂でやる」風習は明治以降にできたものでは?とのこと(p.140)。

[Table of Contents]

両者の合体は中国起源?

 なお、施餓鬼と「お盆」の結びつきは、じつは中国起源であるような気もしています。

中元盂蘭盆を俗に鬼節という。亡霊鬼魂のための年中行事である。幽冥の底に沈んでいた霊魂も、 この日ばかりは休暇を許されて、なつかしいわが家を訪れる。‥(略)‥ 祀ってくれる遺族や子孫をもつ亡霊ばかりでなく、食に餓えてさまよう幽冥界の「餓鬼」どもも、 中元にはご馳走が出されるというので、群をなして陽界を訪れる。まさに百鬼の来訪である。 (澤田瑞穂(1991)『修訂 地獄変』平河出版社, pp.120--121)
‥中国はもともと「鬼」といえば 「亡者」のはずだったんでしょうけど、同じ「鬼」つながりで「餓鬼」も中元(お盆)の時期に 出現するようになったという感じでしょうか。澤田1991ではさらに続けて、
これを仮装行列によって実演してみせる地方もあった。清末の小説『掃迷帚』第四回「鬼出会満城鬼気」の 一節には、中元節に蘇州玄妙観の前で見物した百鬼出会の奇観を述べる。「にわかにして人々が群れ動き、 道路に出て、みな口々に、来たぞ来たぞと騒ぐ。‥(略)‥次は各種の鬼の相に扮装してくる。 たとえば、大頭鬼・小頭鬼 ‥(略)‥ 餓死鬼から、 ‥(略)‥ あとには焦面大王鬼があって 威張って歩き、まるでお役人みたいで、化物だか役人だか見分けがつかない。(澤田1991, p.121)
地獄変修訂 [ 澤田瑞穂 ]

地獄変修訂 [ 澤田瑞穂 ]
価格:2,621円(税込、送料込)

‥こんな感じに、清代中国の風習を紹介しています。ここで紹介されている「餓死鬼」 ‥餓死鬼か! これ、たぶん日本民俗では「餓鬼」とされることもある [ 餓死者の怨霊 ] に相当するものですよね。 んで、この場合やはり「大頭鬼・小頭鬼」などの鬼ども全体のことを沢田1991は「餓鬼」と 言ってるんでしょうか。んー。ちょっと微妙な気がしないこともないですけど‥。

 どちらにせよ、中国(清代)でも 中元(お盆)の時期にはご先祖様だけではなく、 いわゆる化物みたいな「鬼」、それも大量に この世にやって来ると思われていたことは確かなようです。 なにせその時期を「鬼節」、つまり「亡者たちの時期」と呼んでたくらいですからね。

 そんな「鬼」どもに取り憑かれるのがイヤだったり、 それら鬼どもからの干渉を排除して自分らの先祖霊だけをきちんと祭祀(供養)したい、なんて 考えれば、 そりゃ「施餓鬼会」をやろうぜその時期に、 という話になりますよね普通‥‥という気はするんですけど、どうなんですかね。

[次] [日本]施餓鬼(鎌倉時代〜)