[Most contents are written in Japanese Language] [Always under construction]

[チラシの裏]

帰らざる波止場 (1966)

題名 帰らざる波止場
製作 日活
監督 江崎実生
脚本 山田信夫, 中西隆三
出演 石原裕次郎, 浅丘ルリ子, 志村喬, 郷鍈治
公開 1966.8.13



[Table of Contents]

あらすじ

港町が舞台。山下公園とか言ってるから、横浜?

 ジャズピアニストの津田シロー(石原)は、5ヶ月ぶりに帰国、 さっそく彼女に会いにいく。するとそこに 知らない男がいて 乱闘になって奪い合った拳銃で彼女が死んで頭をガツンされて昏睡してしまう。 そして何と、いつのまにか津田の着衣の中にはコカインが隠されていて (つまり本人も知らぬ間に、津田はコカインの運び屋をしていたのだった‥)、 昏睡している間にそのコカインまで持ち去られてしまう。 何がなんだかわからないまま、懲役三年‥。

 そして三年後。出所した津田は、男が「ジョッキのジロー」と 呼ばれる男であることを知る。ジローを探す津田。を尾行する刑事(志村)。 刑事は、津田が持たされていたコカインの行方を調べているが、 津田はまったく協力の気配なし。 そしてもう一人の登場人物が。 若くして水沢財閥当主の莫大な遺産を手にした、水沢サエコ(浅丘)。 サエコは、津田が逗留しているホテルに たまたま やってきたのだ。銃声。 傷ついた津田を、手当てするサエコ。 これは、組織からの、津田への警告だった。 密航の手配をしてやるから日本を出ろ、と。 しかしこの「手配」は刑事によって阻止される。この話を聞いたサエコは、 意外な申し出をする。自分と一緒に、8日後の豪華客船で堂々と出国しないか、と。 それまでの期間、自分と一緒に過ごしてくれれば、出発までの時間を一緒につぶして くれればそれでいいから、と。

「あなたは何故、外国に行くの?」 「あなたは何故行くんです?」 「‥私は、船で世界一周をするの。シンガポール、セイロン、マダガスカル、 アレクサンドリア、スエズ、マルセイユ‥。港港であなたのような人と友達になって、 遊んで歩いて、心ゆくまで楽しむのだわ人生を」 「少しも楽しそうじゃないな。トシを取って、何もすることがなくなった金持ちと一緒だ。 時間を持て余して、早く終着駅に着きすぎないように、わざわざ飛行機より金と 時間のかかる船を選ぶ。アメリカの老人に、君と同じようなのは沢山いるよ」 「嬉しいわ軽蔑してくださって。昨日まで、私にはそんな人さえ なかったんですもの。‥‥踊りましょう、私のお人形さん」 「(懐の札束をテーブルに置いて、立ち上がって) ‥‥失礼する。こんなママゴトは俺の性に合わないんでね」
と、これで二人の話は終わり‥‥にはならず。 津田が拒絶し、刑事が津田の過去を告げて津田を出国させないよう話しても、 というか、だからこそ逆に、 サエコは津田に強く執着し、津田を国外に連れ出そうとする気持ちを強くするのであった。 やがて‥というか、すぐに、二人は打ち解ける。つか、恋に落ちるんだ。

 これで二人の恋の行方もOK、 二人が出国すれば「ヤツら(沢田組。解散して麻薬専門の地下組織に)」も 厄介払いできてOK‥という展開になるんだが。この状況を 苦々しく見ていた一人の男、例の刑事が、二人に揺さぶりをかける。 ここで問題となったのは、サエコの亡くなった夫のこと。 サエコは言う。夫には心臓の発作があった、 別室で寝ていた自分が 夫の心臓発作に気付いて医者を呼んだときはもう手遅れだった、と。 刑事は言う。水沢氏は若く美しいサエコを別室で寝せる男ではなかった、 水沢氏は発作のときに心臓発作の特効薬のアンプルを自分で打とうとしたが アンプルは全部割れていた、水沢氏は医者を呼ぶ5時間も前にすでに亡くなっていた、と。 サエコは自分にウソをついている? サエコの夫は、サエコに殺された?? ‥疑心暗鬼に陥る、津田。 それを知って激しく動揺する、サエコ。あららら。破綻?

 そしてサエコ出航の前日。 このまま二人が仲良く海外に出て行ってほしいと願っていた沢田組の面々。 二人の仲に破綻してほしくない彼らは、サエコを人質にして、 スナイパーを使って、津田を脅迫する。明日、予定通りに二人で出航しろ、 出航しないときはスナイパーを使って 云々、と。 でも沢田組の郷鍈治(役名、忘れた)はちょっと迂闊だった。 脅迫の際、うっかり手がかりを落としてしまうのだ。 「ハーパーマンション」と書かれたマッチ箱を‥。

 津田は、行きつけのイタリア料理店へ。 そこで「帰らざる波止場」を歌いだすのだ。このシーン、 裕ちゃん好きにはたまらないっす。くぅ〜。

 一方のサエコ。ホテルからフラフラと出て、横浜の街を歩いてるうち、 いつのまにかイタリア料理店に足が向いてしまう。顔を合わせる二人。

「発つのやめたの。私、残るわ。あなたに疑われては生きていけない。 ‥‥もう、どうなってもいい。私はあなたが好き。死ぬほど好き」 「いいんだ。僕は一緒に発つつもりだった。今も変わらない」
かくて二人は、日本での最後の夜を一緒に‥‥と思いきや。 津田は「明日の朝、桟橋で会おう」と言い残し、 自分の過去にカタを付けに出かける。ハーバーマンションへ。

 津田は郷鍈治に夜襲をかけ、自分を沢田のもとに案内させる。 沢田(金子)は、あっさり口を割る。津田が探しているのは長江だと。 そこに組員どもが乱入。津田を撃とうとした長江は、間違って 沢田を撃ってしまう。一発目でいきなり誤射命中かよ! (^_^; そして乱闘! 逃げようとする長江をつかまえ、パンチ一発、二発‥。 こうして津田の復讐は終わった‥。

 翌朝。エリザベス号で津田を待つサエコの前に、津田と、そして 例の刑事の姿が‥。


[Table of Contents]

つぶやき

  • 「ムードアクション」の代表作の一つ、とされるだけあります。 もう、ムード満点です(^_^) いかにも江崎監督作品という感じでしょうか。 このムードで、かなりお腹いっぱいになる感じです。
  • シラフで見るより、酒呑みながら、酒に酔いつつ、 裕ちゃんの歌声に酔う、のが一番良い鑑賞方法だと思います。
  • とくに開始70分〜75分あたりのシーン、 AGAINでも使われていた、 裕ちゃんが歌ってルリ子さんが彷徨うシーン、あれやっぱ いいなあ‥
  • 最後の ハーバーマンションから始まる大立ち回りは、思ったより アッサリ終わって、そこがちょっと残念といえば残念かな。 でも本作はとにかくアクションよりムードですから、それでも まあいいか
  • 浅丘さん、旅先なのに服を何着持ってんだ?! と、私でも思ってしまうほど、 いろんな服着てます。美人さんは何着ても似合うよなー


[Table of Contents]

ビデオ/DVD情報

[2013/12 現在]
  • amazonマーケットプレイス[URL]で、レンタル落ちの中古VHSが何本か出ているようです。
  • DVDは出てないみたいです(-_-)
  • ‥いや、実はDVD、あります。 「石原裕次郎 ゴールデン・トレジャー」というパッケージ(2009) [URL]には 入っているようです。けど、定価約30万円の、初回限定生産て、あんた‥
  • ちなみにパッケージを新品で購入する場合。amazon だと 200744円[URL]。 楽天市場だと最安は 189000円、かな? (右にバナーがあります)。 楽天市場のほうが安いです。

関連(?)情報

[Total pages] [Prev][Next]