[Most contents are written in Japanese Language] [Always under construction]

[チラシの裏]

四畳半襖の裏張り (1973)

題名 四畳半襖の裏張り
作成 日活
監督 神代辰巳
脚本 神代辰巳
原作 永井荷風
出演 宮下順子, 江角英明, 丘奈保美, 芹明香, 山谷初男
公開 1973.11.03



[Table of Contents]

あらすじ

1918(大正7)年頃の話みたいです。

 「男の顔のいいのって、誠がないような気がして‥」とかい言いながら、 初会の客の信介(江角)に対し完全にメロメロになってしまった、袖子(宮下)。 海辺とか、人力車とかで いろいろやった後、 無事に信介の妻の座、置屋の女将の座に収まります。 たぶんこれが中心的な筋になってるんだと思います。

 本作は、この主筋と並行する形で、3つの別の筋(?)が 展開してます。

 まずは売れっ子らしい芸者の夕子(丘)と、その許婚の二等兵の恋(?)物語。 夕子が売れっ子のため、夕子が元許婚が待つ部屋に来る頃にはもう 「俺、もう戻らないと‥」の繰り返し。

 アコギになりすぎて「旦那」に避けられるようになっちゃった 「姉さん」(絵澤)と、水揚げ前の見習い(?)な花丸(芹)の話。

 タイコ持ちの、ぴんすけ(山谷)が お座敷で客相手に べらべら喋ってる話(この話が、信介に対する袖子の心情の解説に なってます)。この話の中で 「首を絞められて死ぬ時が、女のその時のようだ」なんて 話したところ、客に「それじゃあ おめえ、試してみな」と言われて、 まさに自分の首を絞めることになってますけど‥


[Table of Contents]

つぶやき

 これといって目立った筋らしき筋がないのに、なんか気づくと 見入ってしまっている‥。いつもながら神代監督の手腕はスゴいと思います。

 主演の宮下さん。 ‥‥いつもながら「すばらしい」としか言いようがないです。

 水揚げ前の花丸に課される、特訓! 内股に石をはさんで落とさないようにするとか、 秘部に「吹き戻し」[URL]を 突っ込んでピロピロ特訓したりとか。 「吹き戻し」の特訓は 「悶絶!!どんでん返し」でも 見た記憶があります。神代監督のお気に入りなんでしょうか。

 それと座敷芸として、女人の秘部に重ねた硬貨を入れて、 一枚ずつチャリン、チャリンと出す芸。この映画では本当にそれを やってた訳ではないように見えましたけど。見ながらつい「おー」と 声を出してしまいました(^_^;


[Table of Contents]

ビデオ/DVD情報

[2014/04 現在]
  • 「ぽすれん」だと100円で宅配レンタルできるみたいです [URL]。 (ただし別途送料300円が‥^^;)(支払いはクレカ/Edyなど)
  • 「楽天レンタル」だと80円くらい? [URL]。(これも送料がかかります)。
  • DMM のDVD単品レンタルだと480円 [URL]、 動画配信だと515円〜[URL]。 動画配信の場合、一月の間で6本以上見るときは ピンク映画チャンネル[URL] という選択肢もあります。月3000円です。DMMにクレカ情報を教えるのが不安という人は、 [@nifty決済] [Biglobe決済]という手もあります。
  • DVD購入の場合。DMMは「取り扱い終了」 [URL]。 楽天市場も[このへん]見ると、 基本、品切れみたいです。

関連(?)情報

[Total pages] [Prev][Next]