[Most contents are written in Japanese Language] [Always under construction]

[チラシの裏]

天使のはらわた 赤い教室 (1979,日活)

題名 天使のはらわた 赤い教室
作成 日活
監督 曽根中生
原作 石井隆
脚本 石井隆, 曾根中生
出演 水原ゆう紀, 蟹江敬三, あきじゅん, 水島美奈子



タイトルに「赤い教室」とありますけど、 学校のシーンは直接にはまったく出てこないです。 学園モノor女子中高生モノかと思って見ると裏切られますので注意しませう。 じゃあ、なんで「教室」かといえば。それは映画の冒頭で、 村木(蟹江)らが見ているブルーフィルムの舞台が学校の教室なのです。


エロ本の編集が仕事(ポル・ノック社所属)の 村木は、たまたま見たブルーフィルムの主演女優が気になる。 一目ぼれ?

そしてついに、女を見つけるのだった! 村木は気付く。 あのブルーフィルムは、演技じゃなくガチだったんじゃないかと。 女は答える。 過去にもう何人もの男に、あの映画見たと言われた云々、と。 セカンドレイプされ放題で、もう、何かが完全に麻痺してる状況。 もう完全に荒みきってて 抱くなら早く抱けと迫る女に、蟹江は意外と純情プレイ。 デートの約束をしただけで帰ってしまう‥。

 しかし村木は、未成年をモデルに使ってたと警察のガサ入れをくらい、 デートに行けず‥。 雨降る中、ずっと待ち続けた女(土屋名美)は‥‥ ほんのちょっと村木を信じてしまった自分が悲しかったのか、 いきなり男を引きずり込んで逃がさない感じに。 そして名美は村木の前から姿を消す。

次に二人が出会うのは三年後。名美、さらに荒んでる。 ヒモに体売らされてる。それに、体売りながら、 どっからか拉致してきた女子高生が目の前で男どもに 陵辱されるのを無感動に見てる‥。この無感動なところが何というか。 そしてそれを、じっと見る村木。

やがて映画が始まってから一時間くらい経過して。 時間的に そろそろ終わるはずだけど、どうやって終わるんだろう?と思ってたら。 村木は名美を連れ出そうとするが、名美は拒否。そして最後は村木のセリフ。 「あのとき言ったことは、今でも変わらないよ。 出るんだ、こんなところ。いちゃ、いけないよ。」 その言葉に、名美は心を揺らしながら、でもやっぱり戻っていく。終。


つぶやき

  • 村木の、ガラにもない?純情プレイ。そして、とにかく堕ちていく名美。 この両者の組み合わせが、切なさを際立たせてる、というのはいいとして。 たった一度の「すっぽかし」(しかも、不可抗力による。)が 一人の女をここまで落としてしまうというのは、 いくらドラマとはいえ、んー。怖すぎですよね (^_^;

ビデオ/DVD情報

[2012/9 現在]
  • 「ぽすれん」だと100円で宅配レンタルできるみたいです [URL]。 (ただし別途送料300円が‥^^;)(支払いはクレカ/Edyなど)
  • DMM のDVD単品レンタルだと480円、動画配信だと500円 [URL]。 (支払いはクレカ/Bitcash/EdyもOKか)。 動画配信の場合、一月の間で6本以上見たいときは ピンク映画チャンネル[URL] という選択肢もあります。月3000円です。DMMにクレカ情報を教えるのが不安という人は、 [@nifty決済] [Biglobe決済]という手もあります。
  • DVD購入の場合、amazon だと6800円![URL]。高っ!! 廉価版みたいなの、たぶん出てないんですね、これ。
[注意] 上のリンク、現在のところすべて 無アフィリエイトですので安心してクリックしてください:)

関連(?)情報

[Total pages] [Prev][Next]